カリキュラム

カリキュラム

農業技術とは、ある事象について、体感知識の積み重ねでこそ習得できるものだ、と私たちは考えています。体感や勘だけに頼ると未経験の事象に対して対応できませんし、机上の知識だけに頼ると実際の畑の上とは環境が異なり有効な行動が取れないことも多くあります。

ハタケアカデミーでは、農業実習(体感)座学講義(知識)の両方を学び、農業技術を基礎から習得できるカリキュラムを組んでいます。また、流通や小売など各分野に精通するゲストを招く特別授業や、実際の農業の現場を訪れる課外授業も行い、包括的な視点農業の多様性について学ぶ機会も設けています。

(※特別授業、課外授業についてはゲストの都合や天候によりやむを得ず中止となる場合もございます。予めご了承ください。)

実習

実際に農業経営を実践している有機農家が講師となり、栽培に必要な技術を1年間の畑の流れの中で学びます。 講義用の共同区画と演習用の個人区画を使って、畑で手足を動かしながら体感する経験を積んでいきます。

座学

畑で何を観察し、作物に接し、どんな発見をして対応していくのか、それを自分自身で考えられるようになりましょう。「なぜうまく育ったのか?」「なぜ失敗したのか?」を理解するために必要な自然科学についての原理原則など論理的な知識を基礎から学びます。

知識は知っているだけでは意味はありませんが、知らないがために行動できなかった、ということは避けたいですよね。 季節や天候が日々変化していく中で、問題に対応していけるように知識をつけていきます。

特別授業

農業に関わる分野は栽培だけでなく、農業資材や機械、種苗、流通、小売店、地方自治体など多岐にわたります。各分野に精通するゲストを招き、生きている情報に触れることで、栽培技術だけでなく包括的な視点で学ぶことができます。

課外授業

実際の農業の現場は栽培作物、栽培方法、経営スタイルによって千差万別で、多様性に富んでいます。ハタケアカデミー運営元のオンザファームの直営農場など、現場に足を運んで、畑を観察したり生産者から直接話を聞ける機会を用意しています。

ハタケアカデミーでの学び方

ハタケアカデミーでは、講義は学びの過程の一部でしかないと考えています。ただ講義に出席するだけでは農業技術は身につきません。予習や復習、個人区画での作業などにおける学びの効果を高めるために、受講生のみなさまに意識してほしいことをご紹介します。

①何度も挑戦して、何度も失敗する

失敗しないと学べないことはたくさんあります。学びの段階においてできる限り挑戦して、失敗してみましょう。挑戦しない人は失敗もしませんが、成功もしません。

そして、その体験を仲間と共有し合うことも大切です。仲間の貴重な体験を、自分のものとし、お互いに高め合いましょう。

②小さな変化を見逃さない

「おや?」という気づきは、よく観察しないと体験できません。天候、土、作物、虫などの小さな変化にも興味を持ち、疑問を持つことが重要です。

「木を見て森を見ず」という目先のことにとらわれるな、という意味の言葉がありますが、その反対もしかりで「森を見て木を見ず」だと、全体だけ見て、小さな変化を見落としてしまいます。自然をよく観察してみましょう。

③主体的に学ぶ

頭で理解したと思っていることでも、いざ自分でやってみるとなると、不確かな部分が出てきてきます。例えば「トマトの苗を植える」ということを考えてみましょう。「肥料や水の量はどのくらいだろう」「いつ植えていいのかな」「どのくらいの間隔で植えるのかな」「そもそも植え方は?」…など、植えるという作業だけでこれだけ考えることがあります。

農業技術は、自分で考えて、段取りを組んで、実行する、という繰り返しではじめて身につきます。ぜひ全身を使って主体的に学んでください

④論理的に考える

座学では科学的に解明されている技術や理論を初心者にもわかりやすく学習します。 ひとつの事象に対して「なぜうまくいったのか?」「なぜうまくいかなかったのか?」を論理的に説明できる力を身につけていただきます。

論理的に説明ができると、そこに再現性(=良い栽培を繰り返しできること)が生まれます。せっかく学んだ知識を実行するためには、この再現性は非常に大切です。論理的に考えるクセをつけましょう。

⑤包括的な視点を持つ

農業界は農業者の他にも様々なプレーヤーが存在します。地主や地方自治体など法律や行政分野、国や農協、銀行などの政策・金融分野、または小売や流通などのマーケット関連、そしてビニールハウスや種苗などの農業資材など、いろいろな方々が農業に関わっています。

「栽培技術以外は知りません」ということでは、この先の農業界では生き残っていけないでしょう。それぞれの分野がどのような立場で何をしているのか、包括的な視点で理解をしていくことで、農業界全体で成長していくことが可能です。そしてその成長が農業者自身の成長にもつながっていくと考えています。

⑥多様性を受け入れる

農業の栽培方法は多岐にわたります。また農業に関わる人も多様性に富んでいます。特定の栽培方法や人物に固執し、他を排除することはあなたの視野を狭めるだけでなく、技術力の向上を妨げる原因になります。

当校では有機栽培だけでなく、化学肥料や農薬を使う慣行農法、耕さない自然農法、最新の水耕栽培技術などのメリットデメリットを幅広く学習します。様々な考えがあるからこそ、自分にはない気づきが生まれ、その結果として自身の成長につながります。私たちも良いところは積極的に取り入れ、常に栽培技術を進化させています。あなたもぜひ多様性を受け入れてみてください。


 第1期生募集中 

南房総に社会人向け週末農業学校が開校

あなたの「農業を始めたい」を後押しします